ロゴ

庭木の伐採はプロに任せる【安全性を確保するための秘策】

伐採

自分で伐採をするのは危険

ある程度の広さがある土地を持った家なら、庭には庭木があることも多いのではないでしょうか。庭木は一本植えられているだけでも素敵な風景を見せてくれます。ただしそのままにしておくと四方八方に伸びてしまい、せっかくの樹木も見た目が悪くなるかもしれません。そんな時には東京の庭木伐採業者に依頼することをおすすめします。自分の家の木ぐらい自分で切れると判断する人も多いようですが、そうした考え方は非常に危険です。なぜなら伸びきった樹木の多くは高さが数メートルにも及ぶからです。当然ながら上の方を切るには高いはしごを用意する必要があり、その上での作業には大きな危険が伴います。自分では大丈夫と判断していても、誤って落下すればケガばかりか命を落とす危険もあるので必ずプロに相談しましょう。たとえ背が低い樹木であっても、植木ばさみは先端が非常に鋭利で素人が使うとリスクが大きい道具です。ケガを防ぐためにも業者にお願いしたほうが無難です。

伐採

プロに依頼した方が良い状況

基本的に自分よりも背丈が低く、枝ぶりも細い樹木であれば自分で剪定しても構いません。誤って落下する危険性が低い上に、枝が細ければ力を入れずに剪定できるためケガも少ないと考えられるからです。しかし背丈が自分の身長を超える樹木の場合には、伐採は東京の業者にお願いした方が良いでしょう。高所での作業は、慣れない仕事にとっては何かと危険なものだけに避けた方が望ましいからです。枝が太い樹木の伐採も、同様に危険が伴います。上手に切るにははさみをうまく活用する必要があり、コツをつかんでない人が使うと怪我をする恐れもあるからです。特にたまにしか庭いじりをしない人の場合、ハサミの切れ味が悪くなっていることも考えられます。常に道具のメンテナンスを行っているプロに依頼した方が確実と言われるのはこのためです。他にも、自分がイメージしたように切れない場合や、庭の仕上がりを良くしたい時にも業者に依頼することをおすすめします。